乗馬の魅力

ダイエット

乗馬というのは水泳やウォーキングと同じ、有酸素運動です。ただ乗っているように見えますが、実は全身の筋肉を動かせる運動です。データによると、乗馬一時間当たりのカロリー消費量は、約370キロカロリーで、軽いジョギングを一時間やるのと同じくらい効果があって、無意識に痩せられるのが人気上昇のポイントです。


胃腸の働きを活発すること

それに、騎乗するときの揺れが胃腸の働きを活発にするので、便秘などの悩みも改善できますし、健康的なダイエット法の一つとも言えます。


正しい姿勢

馬にハッキリに騎乗者の意思を伝えるために、正しい姿勢が大切で、それも乗馬の基本です。騎乗するとき、人は落ちないように全身の筋肉を無意識に強めて使いますので、筋力も神経も鍛えられるのです。特に背や腰や太ももなども自然的にできます。筋肉を鍛える方法は他にも様々ありますが、乗馬は無理なく筋肉を鍛えてくれますので、日頃運動をしない人、特に女性にも最適だと思われています。


ストレス解消

現代社会を特徴づけるものは、ところどころにあるストレスのことです。マンネリズムに陥っている生活から逃れようとする人なら、ぜひお越しください。少し時間がかかっても、馬と仲良くなったりすると、きっと日々のストレスも癒すことができます。

犬に負けずに、人類の最高の友だと言えます。多くの会員さんは「乗馬にくる」より、「馬に会いにくる」といった感覚で訪れるのです。


治療

近年来、オールデンバーグ乗馬クラブは障害を持った人々の欲求を感じており、「八卦寮文教基金會」と連携し、障害者乗馬療法を導入しました。この療法は、欧米から伝われてきて、台湾ではまだ珍しい療法です。馬のリズミカルな揺れが人間の脳や体を刺激することによって得られ、筋肉の発達、血液の循環を助け、姿勢、平衡感覚、移動感覚、各部の機能を向上させ、健康全般を促進でき、現在注目されている療法です。